36協定届が新しい様式へ変更となります

  • 2021年04月07日

36協定届(時間外労働・休日労働に関する協定)が
令和3年4月から新しい様式へ変更となります。
主な変更点は2点です。
押印・署名の廃止等

新型コロナウイルス感染症の感染防止の観点から行政手続きの押印原則が見直しされており
36協定届における押印・署名も廃止となりました。
しかし、運送会社の場合、協定書も併用するケースが多いでしょう。
協定書には労働者代表および使用者の署名または記名押印が必要です。

②協定当事者に関するチェックボックスの新設
労働者代表の適格性について以下の要件を確認するチェックボックスが新設されました。
・管理監督者でないこと
・36協定を締結する者を選出することを明らかにした上で、投票・挙手等の方法で選出すること
・使用者の意向にもとづいて選出された者でないこと

当該要件に係るチェックボックスにチェックがない場合には
労働基準監督署で受理されませんので注意して下さい。

【運送会社の36協定届例】

2_page-00013_page-0001

トラック運送業特化社労士 名古屋 清隆[北海道(札幌市)を中心に活動]

最近の記事

現場人事力講師 社労士名古屋のブログ

多機能ユニラボ

トラックリース&ローンドットコム