岡崎市のトラック追突事故は健康管理に原因

  • 2020年02月12日

国土交通省は1月31日、事業用自動車事故調査委員会の報告書を公表し
平成30年2月15日に愛知県岡崎市で発生した多重衝突事故は
最初に追突した大型トラックのドライバーの健康管理に問題があった
ことを指摘しています。

平成30年2月15日7時45分頃、愛知県岡崎市の国道1号下り線に おいて、
大型トラックが自動車部品約3,000kgを積載して走行中、
交差点手前において赤信号で停止していた車列の最後尾の普通ト ラックに追突し
合計6台の車両が関係する多重衝突事故が発生しました。
この事故により、軽乗用車の運転者が死亡、普通トラックの運転者 が重傷、
その他、普通乗用車の運転者2名及び軽乗用車の同乗者の 合計3名が軽傷を負いました。

事業用自動車事故調査委員会は
「大型トラックの運転者が、事故前日から続く体調不良を感じたまま運転を継続し、
信号待ちで停止している車列に気が付くのが遅れ、ブレーキ操作やハンドル操作を
することなくこれらの車列に衝突した」と直接的な原因を分析。
加えて
①毎日午前3時ごろの出庫に合わせて実施するはずの始業点呼を2か月前から実施しておらず
運行管理者が体調不良に気付くことができなかったこと
②ドライバーが自身の体調が悪化していることに気付いていながら運転を継続したこと
を間接的な原因に挙げています。

これをもとに事業用自動車事故調査委員会は、
①持病がなく、過労が見られない運転者であっても、体調不良により事故を起こす可能性があることを認識すること
②運転者が乗務前に体調異変が生じた場合に運行管理者に対して申告しやすいような職場環境を整備すること
③運行管理者は、運転者が運行中に体調不良になった場合は、車両を速やかに安全な場所に停止させ
体調不良の状況を運行管理者に連絡して指示を受けるよう徹底すること
を再発防止策として報告しています。

最近の記事

現場人事力講師 社労士名古屋のブログ

多機能ユニラボ