北海道異業種チャレンジ奨励事業(令和3年3月31日まで)

  • 2021年01月13日

北海道は、北海道異業種チャレンジ奨励事業を行っています。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響による離職者が、
運送や介護など人手不足が深刻な業種に異業種から就職した場合
コロナ禍による離職者及び道内企業に奨励金が支給されます。

コロナ禍による離職者とは
令和2年2月28日以降に新型コロナウイルス感染症の影響により
解雇や、収入の減少などによる自己都合のため離職した方が該当します。

【支給要件】
下記対象職種に正社員等(常勤かつ1年以上の契約)
として雇用され3ヶ月以上勤務した者。
※令和2年10月13日〜令和3年3月31日までに就職し申請(予備審査依頼)した分
※ただし、予備審査の申請日は採用より1ヶ月以内の日付に限る

【対象職種】
・自動車運転の職業 ・警備員
・介護サービスの職業 ・社会福祉の専門的職業
・医療技術者 ・保健医療サービスの職業 など
※対象は「職種」ですので、運送会社への就職であっても、事務の職種に主に従事する場合は対象外

【求職者への支給】
・コロナ禍により離職し、違う職種から対象職種へ就職した方を対象に、30万円を支給します(申請は1回限り)
・求職者が転居を要した場合は、20万円を上限として転居費用の実費を支給します

【受入企業への支給】
・上記の方を雇用した企業等に対し、雇用1名につき30万円を支給します。(新卒の方は対象外)

【申請書受付期間】
令和3年3月31日まで
※令和3年3月31日までに正社員等として雇用される必要があります

最近の記事

現場人事力講師 社労士名古屋のブログ

多機能ユニラボ