カゴ車の労災事故多発 厚生労働省

  • 2021年09月29日

厚生労働省は
陸上貨物運送事業の労働災害が増加傾向にあるとして
陸上貨物運送事業労働災害防止協会(陸災防)に対し
労災防止に向けた取り組みを会員事業者に周知するよう
協力を要請したと発表しています。

陸災防のほか、同様に労災が増えている小売業と社会福祉施設
に対しても積極的な取り組みを求めています。

労働災害の発生状況と防止対策の必要性を会員企業に広く共有されるよう周知と啓発を行うこと
荷役作業時の墜落・転落災害の防止対策、ロールボックスパレット(カゴ車)
の安全な取り扱いを徹底するよう要請。

特に「荷運搬用のカゴ車の取り扱い中に災害が多発(2020年は1000件発生)しているが
この8割が不適切な取り扱いが原因となっている」として
テールゲートリフターを使用してカゴ車を取り扱う場合の安全対策
に留意するよう強調しています。

トラック運送業特化社労士 名古屋 清隆[北海道(札幌市)を中心に活動]

最近の記事

現場人事力講師 社労士名古屋のブログ

多機能ユニラボ

トラックリース&ローンドットコム