過積載に関し、荷主への協力要請を本格化

  • 2019年04月17日

国土交通省は、過積載運行の撲滅に向け
荷主からの聴取を本格化させると発表しています。

過積載の取り締まりを行う際
トラック事業者から荷主に関する情報を聴き取る取り組みを
トライアルとして進めてきましたが、試行結果を踏まえて本格導入されます。

この取り組みは法令違反を確認した際、
トラック事業者から聴き取った情報をもとに、
協力要請などを通じて荷主にも法令順守に取り組んでもらおうというものです。
全日本トラック協会に対して取り組みの趣旨を周知するよう要請しています。
これを受け、全ト協は改正貨物自動車運送事業法の柱の一つとされる
「荷主対策の深度化」に当たるとして、全国の会員運送会社に対し
荷主情報の聴取に協力するよう呼びかけています。

最近の記事

現場人事力講師 社労士名古屋のブログ

多機能ユニラボ